スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢犬の手術・精巣(睾丸)腫瘍

ちょっとどきっとするタイトルですが、私もこのタイトルで検索し、何人かの相談例や、手術例を読ませていただき、いろいろ考えることができたので、今後同じ心配をいだく方にわずかでも参考になればと書くことにしました。

リョウくんは、ずっと元気ですよ~!!

ただ、残念ながら、最後まで♂を通すことはできませんでした。

ワンの生殖手術の問題は微妙な話題なので、家族それぞれ、そのこの幸せを願ってのことなら、家族の自由だと思います。なので、早期手術すべきといったコメントはご遠慮下さい。

11歳7ヶ月でも、足腰元気、スクールの練習も意欲まんまんで走っています。1月8日の練習でも、先生に、「リョウくん、良い跳び方をしますね~、とても11歳とは思えないよい跳び方です」と褒められていました。

練習が終わって、フィールド内のソフトクレートで、私の片付けを待っていたリョウのことを先生が「リョウくん」となでなで。全身なでなでしてもらって、リョウはしっぽぶんぶん。先生は、ひょっとたまさんをさわったらしい。

「○○さん!!、片方、硬いですよ。もう一方は柔らかいけど、気づいていますか!?」と私に。

私、「え~、そうですかあ。触ったことないんで」

そうなんです、毎日、夜マッサージしながら全身チェックはしていますが、たまさんは触ったことありません。出来物とかできていないか、見はしますけどね。

触ってみると、たしかに片方硬い。

帰って、ネットでいろいろ調べました。

かかりつけ医は水曜が定休日。翌日は用事があったので、金曜、病院へ行き、先生に「気になることがあって。片方、硬いような」と診てもらうと、「硬いですね。正常ではないです」と即答でした。

「良性の場合のほうが多いですが、とるかとらないか、だけです」と、先生。

「注射や薬で小さくすることはできませんか」ときくと、「良性でも大きくなります」

「本人の負担になりますか」 → 「小さくなることはありません。大きくなって、破裂することもあります」

「分かりました、手術をお願いします。」で、日取りを。この週はいっぱいだったので、来週と先生が考えていたところ、

「すぐにでも、と緊急状態でないなら、25日に競技会があるので、そのあとでも大丈夫でしょうか」→「じゃあ、27日にしましょう。27日の11時半に来てください。当日は、朝食事をさせないでください。水は飲ませてもよいです。」

「多分、家族も賛成すると思いますが、家に帰って一応相談します。」→「もし、手術しないなら、連絡してください」

「はい、手術の日まで、普通に過ごしていてよいですか」→「大丈夫でしょう」

「もし、容態が急変したら、連絡してよいですか」→「いいですよ」

とにかく、手術日の予約はしておく。悪性か良性か、組織をとって調べてから手術という方法もあるけれど、どっちにしろ大きくなるなら、とにかく予約をしておこうと思いました。


家族は、もちろん手術賛成でした。

スクールのK先生には、この二日後のL杯のときに、病気を発見していただいたお礼と、中国ブロックのあと手術をする話をしました。先生は、ちょっと涙ぐんでくれたように思います。



12月決算で、このいっそがしい中、もう、ぼろぼろです。


どうしてきづかなかったんだろう、どうして病気にさせてしまったんだろう、何をさせたから?何をしなかったから?


やはり手術しかない?高齢犬の全身麻酔はリスクが大きいです。何か手術以外に方法はないのか。

毎日あれこれ調べました。


リョウとの散歩では、朝、通常は約40分、脚側行進や走ったり、めりはりをつけて歩きますが、行き、帰りにともに800メートルくらいの急な下り坂と上り坂で、先を行かせます。

本犬は痛みに強いやつなので、好きなことをやっているときは、怪我をしていても平気。下り坂、上り坂で全身の動きをみれば、体の異常に気がつきます。実際、過去2回、肉球の間の小さな炎症を早期発見し、数日の抗生物質投与で治りました。7歳のときなど、平気で救助犬訓練をやっていたときの炎症でした。

たまさんを後ろからみてはいたけど、見ているだけじゃあだめだったんですね。


アニクリ24にも入りました。

入会金や会費はなし。24時間いつでも獣医さんに相談できます。遠慮なくどんなことでも聞けます。ただし、1分210円かかります。相談したときだけ、相談料金を請求されます。

こちらの状況説明と、ききたいことを整理しておいて、早口で相談。デジタル時計をみながら、7分半で終わりました。

やはり手術が一番のようでした。また、お腹をきるわけではないので、手術としては負担の少ないものだということ。

手術まで普通にしていてよいですが、睾丸腫瘍には三種類(精上皮腫瘍・間質細胞腫・セルトリ細胞腫)あり、セルトリの場合は女性ホルモンが無秩序に放出されることから、疲れやすく、歯茎が白っぽくなるのでわかる、運動等はひかえたほうがよい状態になる。

このふたつの話(腫瘍の種類はかかりつけ医でもききましたが)は、電話してよかったと思った点です。

リョウはかわらず毎日元気で、よく食べ、よく走りました。

この体に全身麻酔でメスをいれる??本当に奇跡的に小さくなったりしないのか??いや、悪性でどこかに転移してしまったら……。

容態を毎日見て、毎日考えました。

特に見た目ではそう変わらなかったたまさんの硬いほうが少し大きくなってきたような気がして、病院に電話したのが20日月曜日の夜。

先生は、即、調整して、翌日手術を入れてくれました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

*コメさんへ

> > こんばんは お返事が遅くなり、ごめんなさいね。


> > 術後、獣医さんは、とったたまさんをみせてくれませんでしたか? 通常、必ず見せるはずです。(みせなければ、ちょっと問題な獣医さんです)そして、ひとつ腫れていればふたつともとってしまうのが私の知る限り、通常のようです。
> >
> > 術後は、うちも「えっ、とったはずでは?」と思うくらい、まだ残っていました。とったたまさんを見たし、縫い目もしっかりあったのに。
> >
>
> > だんだん小さくなっていきますよ。うちもだんだん小さくなっています。ただ、1歳前後の去勢したコは、成長するにつれ、ぺっちゃんこになるようですが、うちのように、成犬になってから、それもかなりおじさんで手術した場合は、のびた皮がぶら下がったままだそうです。

> >
> > ↑に書いたとおり、両方とるのが標準手術だそうですし、先生は「ふたつとりますが、よいですか」と術前に確認されませんでしたか?
> >
> > とったたまさんの組織検査は出してくれましたか? 悪性だったのか、良性だったのか、確認しておいたほうがよいと思いますが、お金のかかることなので、先生が、検査は出しますか、と聞いてくれるはずですが。
> >
> > もう手術されたのですし、その後、とくに容態に変化なく元気ならば大丈夫なのでは?
> >
> > わんちゃんが今後も元気に過ごせますように。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

*コメさんへ

じかメールをこころみたのですが、送信できず、ここに記入します。

公開が困るようでしたら、削除しますので、お知らせください。

○○○くん、15歳なんですね。
麻酔、手術と頑張って偉かったですね!!

お話からすると、手術をしたばかりのようですが、たまさんの大きさは、うちも術後しばらくははれていましたよ。

現在は、2ヶ月以上たっているので、中身なしのぺたんこですが、1歳前後に手術した若いワンに比べると、やはりたまさんの存在感はあります。

手術はワクチンなど注射してもらっているかかりつけ医さんでやっていただいたのではないのですか。
手術をしていただいたのですから、疑問点などどんどん聞いてもよいと思うのですが……。

手術では、しっかり塗って抜糸する病院、うちのように時間がたつと皮膚にとけこむ糸で縫う病院、といろいろのようです。術前、術後に消毒はしていると思いますが、うちも傷口にガーゼなど貼ってありませんでした。飲み薬は抗生物質だったので、特に気にしませんでした。
また、開腹しての手術ではないので、体力の消耗も少ないようです。

家族の一員として15年も寄り添ってくれている○○○くん、もともと健康なのだと思いますよ。
そして、日々の生活で、○○さんが気をつけていたからこそ、15歳まで元気に過ごしてきたのでしょう。
でも、人間もそうですが、歳をとるとどうしても抵抗力、自己免疫力が衰えてくるのだと思います。

○○○くん、術後の回復がこのままよい状態でありますよう、お祈りしています。


  リョウのはは

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

*コメさんへ

こんばんは

お返事がすっかり遅れてしまってごめんなさい。

その後、どうしていらっしゃるのかと気になっていたのですが、たまさんも梅干ほどになり、お元気にお過ごしの様子、ほっとしました。

16歳のお誕生日を迎えられたのですね!!
おめでとうございます!!

これからも、家族の心の支えとなって、穏やかな毎日を過ごすことができますように。

わたしたちも一日、一日を大切に過ごしていこうと思います。

では、お元気で。

  リョウ&リョウのはは
プロフィール

リョウのはは

Author:リョウのはは
神奈川県在住、一応会社事務&主婦
B型の超ワンマンちち(信長さん)
、人間のコ長男長女(共に社会人)有    

リョウ 02年06月08日生まれの14歳2ケ月元♂
 アジ、オビ、救助犬、選別の生ま
れながらの競技犬

<日夜努力のお勉強成果>

JKC 訓練資格 CDX取得
    BH取得
    G.T.CH
    アジ3度
    AG.CH
    災害救助犬A・B取得
PD  GⅡ取得
    CH

IRO 瓦礫捜索A段階合格

お仕事 各防災訓練デモンステローション
    東日本大災害出動
    
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。