スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競技会の思い出

IMGP1345.jpg

ふ~ん、たくさんあるなあ!


先日、JKC競技会完全引退したリョウですが、思うことあって、ずっととってあった出陳目録を廃品回収に出しました。

リョウが亡くなってからでは涙涙でとても片付けられない。生きているうちなら大丈夫でしょう。私たちにとっては思い出の品ですが、他の人にとってはゴミですからね。

1歳9ヶ月で訓練競技会(CDⅡ)に出て以来、12歳11ヶ月でアジリティ・シニアにて引退。

全218冊。

といっても、私がCDⅡ訓練士さんがCDⅢSで同日出陳したり(今なら絶対そんなこといたしませんよ)、自分でCDⅡ・CDⅢS同日出陳したり、アジ・オビ同日出陳したりしたことも多々あるので、もっと出陳数は多いです。

そして、私の体調悪化で棄権3回、車の急な故障で棄権1回、訓練士さんの都合で棄権2回は入っていません。

ま~1頭でこれだけの数は、大したご寄付にあたるのでは、な~んてね。


IMGP1353.jpg

ぼく、頑張ったなあ……


IMGP1354.jpg

ね、ぼく、頑張ったでしょ!!


IMGP1361.jpg


あ、ロゼットはもう何十個かありますよ。ロゼットはまだ処分しないので、しまってあります。持っている色8色並べました。残念ながら、8席、9席は揃いませんでした。

最後の公式戦アジ・秋田クラブとシニア・DOアジの目録はリョウが亡くなったとき持たせようととってあります。

PDの目録は、まだ選別で出陳する予定で、引退していないので、数冊ですが、とってあります。

他団体救助犬出陳目録も記念にとってあります。

<競技会で嬉しかったこと>

3、アジ3度昇格


とにかく2度から3度にあがるのに時間がかかりました。多分、3度に上がれたスクール生の中で1番長くかかったと思います。

長野の競技会の翌日、家によらず、兵庫の競技会に出陳して昇格しました。

2、グラチャン完成(CDⅢポイント獲得)
 
必死の競技会でした。競技会翌日から死にかけました。

1、救助犬出動から帰って最初の競技会

<辛かった競技会>

3、自分で訓練競技会2回め

アマの日に予定が入り、恐ろしいことに、本部プロの部、CDⅡに出陳。紐なし脚側でさっさと逃走。となりの飛越板にたかだかと足をあげてチーをして審査員に「どこの犬だ~」と怒鳴られました。

2、自分で訓練競技会でずっと努力している最中、終わってリンクをでてきたペアとけんか。

トレチャン獲得もしていたのに、雨の競技会で、傘を下においたときに、一瞬、出てきた相手の犬のめつきに気がつかなかった。近くの競技の進行を止めてしまい、申し訳なかったです。

1、術後、腸が安定していないのに、ドラハへ遠征

厚木から竜王まで全SA、PAに止まってはトイレに行きました。この運転が大変で、今でも何か辛い時、この時がんばれたのだから、と思い出します。

<びっくりの競技会>

3、救助犬の競技会自分で初めて

A段階では捜索の前に告知できるか擬似遭難者が隠れている扉の前で吠える、というのが以前はあったのですが(今はわかりません)、扉の前でテンションマックスになり私の指示なく走っていって吠えまくり、失格。辛いというより、本番のテンションに唖然でした。

2、ソフトトンネル逆走

神奈川訓練士会ですが、証拠のビデオはありませんが、先生が審判でしたし、スクール生が何人かみています。風が強くてまっすぐにソフトがはためかないと無理ですし、勢いよくまっすぐ入らないとできない技です。リョウのほかにもスクール生でやってのけているワンがいます。


1、後ろ向きに伏せさせてスタートしたAG

スタート横で先生も「リョウくん、待つんだよ」と声かけてくれたのに、くるっと反転、あっというまにバーを跳び、Aを駆け上り、バー1本4500円の失格となりました。

ま、1本いくらというのは結構あります。

<番外・遠征の思い出>

3、青森の道の駅で

仙台の競技会から北海道へ行くため、大間へむかった際、土砂崩れで予定外の道の駅へ。近くで熊が出たらしいと柴犬つれのご夫婦とご一緒しました。一期一会の楽しい思い出です。

2、道がわからなくて

まだ、ナビを持っていない頃、道に迷い、消防士さんに道を訪ねたら丁寧に教えてくださり、「競技会頑張って」と励ましてくださいました。

1、金比羅さんでイノシシに遭遇

四国の競技会帰りに金比羅参りに出かけ、ナビさまのいうとおり運転すると、どんどん山の中へ。野生のいのしし、うり坊連れの母親に出くわし、のぼった狭い山道を全部バックで戻りました。「いのししに襲われ、山道を転落!」という記事の見出しが頭に浮かびました。

そのほか、数々、リョウとの思い出でいっぱいです。


IMGP1385.jpg

Lの帽子・競技会でかぶっていたお母しゃんの帽子・救助犬ハンドラーの帽子
スポンサーサイト
プロフィール

リョウのはは

Author:リョウのはは
神奈川県在住、一応会社事務&主婦
B型の超ワンマンちち(信長さん)
、人間のコ長男長女(共に社会人)有    

リョウ 02年06月08日生まれの14歳2ケ月元♂
 アジ、オビ、救助犬、選別の生ま
れながらの競技犬

<日夜努力のお勉強成果>

JKC 訓練資格 CDX取得
    BH取得
    G.T.CH
    アジ3度
    AG.CH
    災害救助犬A・B取得
PD  GⅡ取得
    CH

IRO 瓦礫捜索A段階合格

お仕事 各防災訓練デモンステローション
    東日本大災害出動
    
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。