スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の白内障

長いので、興味のない方はスルーしてください。

2歳のときから、ワクチン接種とともに受けてきた健康診断。

本当は、狂犬病注射やワクチンに少しためらいがあるので、少しでも接種時期を長くしたくて、数日ずつ伸ばし作戦。

2歳のときは1月だったのが、11歳の今や3月接種&健康診断。今年は消費税値上がり前に、で、3月28日、受けてきました。

触診、聴診器によるチェック、たまさんもチェック、体温、耳掃除・耳チェック、口腔、眼。

血液検査は1月の去勢手術で11種問題なしだったので、先生が大丈夫と言われ、はぶきました。

尿・便の検査。

昔、結石が出たことがありましたが、ここ何年も結石の出ることもなく、健康な尿となっています。


問題は、加齢による白内障が少し進んだことだけでした。

年をとってくると、人間同様、老人性の白内障になるワンは多いようです。

皆さんはどうされているでしょう。

白内障は、手術でしか治らないと言われることが多いです。犬はもともと視力は弱いです。
日常生活で支障が出るほど白内障が悪化したときには水晶体のうしろの筋肉がもう衰えていて、手術不可能だそうです。

うちも、2年前、9歳の健康診断で少し白内障が出てきていると言われ、今なら手術してよくなるし、どうしてもというなら手術できる先生を紹介するとかかりつけ医に言われましたが、手術は考えませんでした。

私の両親は白内障の手術をしていますが、父はよく見えるようになり、母はかえって悪くなりました。

その人の体質や、手術の具合にもよると思います。

それでも人間は見えるようになったと言ってくれますが、ワンは見えるようになったのか本当のところよくはわからない。だから、はっきり結果のでにくい目薬は証明できないがゆえ、白内障にはきかないという説なのだそうです。

ただ、検索すると、マーク・バビザエル博士による目薬が出てきます。

これを使っているかたはいますか????

米国で特許を取得し欧州の安全規格を取得しているということですが、どうも不安感があります。

現在、リョウは日常生活になんの支障もなく、アジの競技会でも躊躇なく走ってします。でも、パピーのときからずっとみていただいているかかりつけ医がいうのだから、少しずつ白内障は進行しているのでしょう。

気休めで「スマイル40」をさしたりしていましたが、ちっと「新緑水」にかえてみました。

もともと日中は黄色~金色の眼、夜になると茶色の眼になる、色彩の薄い眼で、イエローやブラックラブより視力の悪そうなチョコラブです。

歳をとれば仕方のないことで、命にかかわることではないけれど、進行を遅らせることができるなら、何とかしてあげたいです。


gazou002.jpg

少年(2歳のリョウ)

金色の眼をしたワル男でした!
スポンサーサイト
プロフィール

リョウのはは

Author:リョウのはは
神奈川県在住、一応会社事務&主婦
B型の超ワンマンちち(信長さん)
、人間のコ長男長女(共に社会人)有    

リョウ 02年06月08日生まれの14歳2ケ月元♂
 アジ、オビ、救助犬、選別の生ま
れながらの競技犬

<日夜努力のお勉強成果>

JKC 訓練資格 CDX取得
    BH取得
    G.T.CH
    アジ3度
    AG.CH
    災害救助犬A・B取得
PD  GⅡ取得
    CH

IRO 瓦礫捜索A段階合格

お仕事 各防災訓練デモンステローション
    東日本大災害出動
    
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。